電子カルテの話


 2006年4月にクリニックを開院致しましたが、一番悩んだのがカルテの問題でした。勤務医時代から 電子カルテには関心があって調査したりもしていましたが、病院というところは全体が動くとなると大変な エネルギーが必要で、実行に移すまでには至りませんでした。

 開業したら是非とも電子カルテにしようと考えておりましたので、すぐ導入に取りかかりましたがこれが なかなか簡単ではありませんでした。院内にLANをはりサーバーを置き、受け付け2台・診察室・院長室・ 処置室から繋ぎました。
ダイナミクスというレセコン一体型の電子カルテなのですが、設定をしている内に自分の診療報酬請求の 知識が貧弱なのに驚きました。これでも長年診療報酬請求審査委員をしていた身です。このソフトを 作られた吉原先生はプログラミングはもちろんのこと、保険診療の知識という点でもすごいと思います。

 さて、現在ではカルテ操作にもだいぶん慣れ、診察室に検査データ用のサーバをもう一台置いて、レントゲン・ 内視鏡写真・エコー写真・心電図・血液検査などをパソコン画面で見れるようになってきました。

いわば、ハイテク診療所です。